2社間ファクタリングはスピーディーな現金化を実現

ファクタリングは、債権の買取によって現金化を行う資金調達方法です。

一般的にファクタリングでは、売掛金が債権として設定されます。
売掛債権の買取のため、金利が発生しないのが特徴です。

ここでは、代表的な買取ファクタリングの例として、2社間ファクタリングを紹介します。

2社間ファクタリングとは?

2社間ファクタリングは、ファクタリングの申込者の企業と、ファクタリング会社(事業者)の2つの企業によるファクタリング取引です。

2社間ファクタリングの流れは以下のとおり。

申込者の企業にて売上(売掛金)が発生
⇒売掛金の買取をファクタリング会社に依頼
⇒売掛先企業を含めた調査の後、買取が決定
⇒売掛金の買取金額が、ファクタリング会社より申込者の指定口座に入金される
⇒売掛金の回収(売掛先企業からの入金)
⇒申込者が売掛金の買取金額と所定の手数料をファクタリング会社に支払う
⇒ファクタリング取引の完了(債権の消滅)

2社間ファクタリングの持つ2つのメリット

売掛先企業にファクタリングの実行を知られることがない

2社間ファクタリングは、申込者とファクタリング事業者のみで取引が完結します。そのため、売掛先企業に知られることなく、ファクタリングを実行することが可能です。

スピーディーな現金化を実現

2社間ファクタリングは、売掛先企業への通知や承諾といった手続きが不要なため、最短で即日から3営業日後の現金化が実現できます。

そのため、2社間ファクタリングは、早期の資金調達方法としての選択肢にもなり得ます。