保証ファクタリングとABL(Asset Based Lending)

ファクタリングは、基本的に企業の売掛金などの債権を、ファクタリング会社が買取することで現金化する、資金調達の方法です。

ここでは、債権の買取ではなく、回収リスクを緩和するための、「保証ファクタリング」と、債権を担保とする融資である「ABL(Asset Based Lending)」について紹介します。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、倒産や経営破綻など、売掛金の回収状況が悪化した際の「転ばぬ先の杖」となり得るファクタリングの種類です。

売掛金を元にした保証限度額がファクタリング会社より設定され、申込者は一定の保証料をファクタリング会社に支払います。
そのことから、万が一の際に備える保険的な意味合いが強いかもしれません。

売掛金が回収不能に陥った際には、ファクタリング会社より売掛金にあたる金額が保証金として、申込者に対して支払われます。

ABL(Asset Based Lending)

ABL(Asset Based Lending)は、売掛金を債権とする点において、ファクタリングに酷似していますが、厳密には融資のカテゴリに入る資金調達方法です。

ABLでは、売掛金を担保として審査した後、評価額を申込者に貸し付ける形です。ABLは融資のため、当然金利が発生します。そのため、ABLを事業として行うためには、貸金業登録がされていることが前提です。

ABLでは、売掛金の他、農産物や企業の扱う商品も、担保設定されるケースも。売掛金以外の担保の場合、動産譲渡登記によって、ABL事業者を優先的な債権者として認定します。